今が旬の湖西の不動産情報掲示板
「はるか」近江今津へようこそ 関空特急車両で初団体ツアー
2018年2月18日
JR西日本の関空特急「はるか」の車両を使った団体列車が17日、大阪から湖西線に乗り入れた。滋賀県、大津市、高島市などでつくる協議会主催のツアーで、近江今津駅(同市)では市のゆるキャラが乗客を出迎えた。

 外国人旅行者など観光客誘致に向け、湖西線利便性向上プロジェクト推進協議会が初めて企画した。乗客を乗せた「はるか」の車両が同線のおごと温泉駅(大津市)以北を走るのは初めてという。

 ツアー客54人を乗せた列車は午前10時半に関西空港駅を出発、雄琴温泉へ向かう20人を下ろした後、午後1時55分、雪が舞う近江今津駅に滑り込んだ。ホームに降りた観光客に関係者が歓迎の横断幕を掲げ、同市のマスコット・よえもんくんやスリムヤンらが手を振った。

 大阪府河内長野市の北橋武久さん(75)は「『はるか』でゆっくり旅がしたくて申し込んだ。湖西線は風景がきれいでした」と話した。参加者はバスで日本遺産「針江・霜降の水辺景観」の見学へ向かった。
京都新聞


HOME
Copyright (C) 2017 Shoei Real Estate Corporation. All Rights Reserved