琵琶湖生活 関西・近畿圏で別荘、田舎暮らしをお考えの方に琵琶湖西岸の多彩な不動産物件情報を発信。 滋賀の不動産のことなら昭栄物産にお任せ下さい。
滋賀県不動産物件情報。大津市北部、高島市(高島町、安曇川町、新旭町、今津町、マキノ町、朽木)
琵琶湖生活 滋賀県西部の不動産物件情報 大津市、高島市の地域情報 湖西地域で不動産購入をお考えの方にお役立ち情報 不動産仲介 大津市北部、高島市の住宅、別荘売却のご相談。 お気軽に物件資料をご請求下さい。大津市北部、高島市(高島町、安曇川町、新旭町、今津町、マキノ町、朽木)の不動産情報。 琵琶湖観光地、レジャー、田舎暮らし、釣り等のリンク集 昭栄物産株式会社

市街化調整区域って?

市街化調整区域は、各自治体が『開発行為を抑制しているエリア』で、一定の条件を満たさなければ原則として建築が認められない。

写真これに対して市街化区域は『既に市街地を形成している地域、及び10年以内に自治体が市街化を促進しようとするエリア』で、用途の制限はあるが建築の規制がゆるい。

結果的に都市化する区域と自然や農村を残す区域に分かれる。

都市計画法で「線引き」という用語で用いられているのが、この区分になる。

概ね5万人以上の都市に多く見受けられ、農村部だけの地域ではあまり線引きは行われていない。

写真市街化調整区域の魅力は、街に近いわりに乱開発から逃れることにより地域のよき伝統や景観が守られており、市街化区域に比べ価格が安いのも魅力。

過疎の山村と比べ利便性に優れていると共に田舎らしさも味わえる地域。


大津市北部(旧志賀町エリア)の場合、かつては既存宅地制度の特例により容易に建築できていたが、現在は概ね50戸以上の建物が連なる地域や市が指定したエリアで規定条件に合致する人しか住宅建築の許可を取得できない。

大津市の市街化調整区域の基準はこちら

高島市は現在のところ『未線引き』区域もしくは『都市計画区域外』で上記の調整区域の規制はありません。