琵琶湖生活 関西・近畿圏で別荘、田舎暮らしをお考えの方に琵琶湖西岸の多彩な不動産物件情報を発信。 滋賀の不動産のことなら昭栄物産にお任せ下さい。
滋賀県不動産物件情報。大津市北部、高島市(高島町、安曇川町、新旭町、今津町、マキノ町、朽木)
琵琶湖生活 滋賀県西部の不動産物件情報 大津市、高島市の地域情報 湖西地域で不動産購入をお考えの方にお役立ち情報 不動産仲介 大津市北部、高島市の住宅、別荘売却のご相談。 お気軽に物件資料をご請求下さい。大津市北部、高島市(高島町、安曇川町、新旭町、今津町、マキノ町、朽木)の不動産情報。 琵琶湖観光地、レジャー、田舎暮らし、釣り等のリンク集 昭栄物産株式会社

★びわ湖は大きさ日本一

滋賀県のまん中にあるびわ湖は、日本で一番大きな湖です。

  ■面積・・・・・・・・・・・・・・・約670平方キロメートル
      滋賀県全体の約6分の1です。


  ■水の量・・・・・・・・・・・・・・約275億立方メートル
      近畿1,400万人の約15年分の水道用水にあたります。


  ■周囲の長さ・・・・・・・・・・・約235キロメートル
      大津〜浜松とほぼ同じです。


  ■一番深いところ・・・・・・・・約103.58メートル
      安曇川の沖にあります。


  ■一番幅の狭いところ・・・・・1.35キロメートル(びわ湖大橋)
      ここより北を北湖、南を南湖と呼んでいます。



★びわ湖の水位

琵琶湖の水位は片山(高月町)、彦根、大溝(高島町)、堅田、三保ヶ崎(大津市)の5カ所で測った水位の平均で表されます。
びわ湖の水面は、低い場所に感じられるかもしれませんが、標高85.6メートル。大阪城の天守閣と、ほぼ同じ高さです。



★びわ湖は古い歴史をもっています

びわ湖は、今から500万年以上も前に生まれた、世界でも有数の古い湖です。



★びわ湖はどこから水が集まってくるのでしょう

滋賀県は、まわりを山に囲まれているので県内のほとんどのところから水がびわ湖に流れ込みます。
1年間に約51億立方メートルの水がびわ湖に入り、びわ湖から出ています。



★びわ湖にそそぐ川と出ていく川

びわ湖に直接流れ込んでいる川の数は、特に重要な一級河川だけでも122ほんありますが、出ていく川は瀬田川の1本しかありません。



★びわ湖の底はどんな形をしているのでしょう

一般に、湖の南側や東側はゆるやかに深くなり、北側や西側では急に深くなっています。



★びわ湖の水の利用

びわ湖の水は、滋賀県をはじめ、近畿1,400万人の飲用水のほか、工業用水、農業用水として利用されています。



★びわ湖の生物たち

びわ湖には植物プランクトンは180種類以上、動物プランクトン150種類以上、貝類40種類以上、水生昆虫70種類以上、魚類50種類以上、水草30種類以上。
水鳥が餌を求めてはるばるびわ湖に集まってくるのもうなずけます。
ちなみに水鳥の種類も約35種類。冬には約5万羽もの水鳥がびわ湖を訪れます。



★びわ湖は生きています

びわ湖は年間約3cmずつ北へ移動しており、50〜100万年後には日本海につながってしまう運命にあると言われています。



★びわ湖は天然エアコン

温まりにくく冷めにくいのが水の特徴。まん中にドカーンとびわ湖があるので、滋賀県の気候はこれにすごく影響されています。びわ湖が、暑い季節は熱を吸収、寒い季節に放出する天然エアコンの役目をしています。その熱量は、ドラム缶1億2千万本分の石油の燃焼量に匹敵すると言われています。



★びわ湖で捕れる漁獲量

びわ湖で捕れる年間漁獲高はおよそ4,000トン。
全国の湖沼で捕れる淡水魚介類の中では、堂々第1位。